ハードカバーが買えないヘタレの読書日記です
by tascabile
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
About This Site...
ここには自称「ヘタレ本の虫」の読書記録を収めています。

HPはこちら
最新のコメント
nice site. f..
by Jordan at 03:40
nice site. f..
by Jordan at 03:39
nice site. f..
by Jordan at 02:31
nice site. f..
by Jordan at 02:08
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 13:31
まさに企業のあり方もそう..
by shou20031 at 21:22
先日本屋でてにとって見て..
by sumomomomomomo55 at 02:52
ライトノベルは羨ましい。..
by shou20031 at 20:49
TBしておきました。よろ..
by moon99999 at 09:50
コメントありがとうござい..
by tascabile at 18:54
以前の記事
検索
Amazon.co.jp
転送密室
b0028818_18524513.jpg
ミステリと超能力といういかにもなミスマッチが魅力の神麻嗣子シリーズ5作目。
短編を6作集め、おなじみのメンバに新しいキャラクタを加えて期待通りの面白さがあった。
このシリーズの一番の魅力は、一見ミステリでアンフェアな超能力に制約条件を加えることで、パズル的要素を楽しめる点。登場人物が分身したり、時間移動をしたりと反則とも思える超能力を題材にしながら、その推理に不条理さが無く、非常に明快。このシリーズは毎回、期待通り、期待以上の内容。
二番目の楽しみは登場人物の個性。水玉蛍之丞のイラストもキャラを立たせるのに一役買っている。キャラもの小説としても楽しめる非常にお買い得な作品。また、何故か食に関して非常に力を入れて描写されている。このこだわりが一層キャラを立たせることになっているように見える。
文庫でなく、ノベルスで買っていれば良かった。


西澤保彦:転送密室、講談社、講談社文庫
ISBN:4062750090、2005.2.15、714円

[PR]
# by tascabile | 2005-02-27 18:53 | 読んだ本一般
古本生活読本
b0028818_10453534.jpg
古本好きな著者が古本の楽しみ方を指南。掘り出し物自慢から、古本屋の経営方法、パリでの古本屋巡りなど、話題は多彩。
特に目を引いたのが著者検印とパラフィン紙の話題。最近発行された本では当然ながら、著者検印なんてほとんど見る機会がない。しかも検印の有無ではなく、印影の楽しみ方まで解説されており、非常に興味深い。
パラフィン紙はこれまで自分でかけることは無かった。しかし、たしかにパラフィン紙で本を包むことによって手になじむという感覚は分かる気がする。ただ、新しくパラフィン紙をかけたものって、あまり好きではない。やはり、長い月日を経て色あせ、触れるとはらはらと崩れてしまいそうなものの方が味わいがあると思う。そのためにも今から一つずつパラフィン紙で包まないといけないな。


岡崎武志:古本生活読本、筑摩書房、ちくま文庫
ISBN:4480420436、2005.1.10、780円

[PR]
# by tascabile | 2005-02-20 10:45 | 読んだ本一般
ローマ人の物語第13巻
b0028818_20563999.jpg
ようやく読み終わった「ローマ人第13巻」
歴史もの(特に興隆期の部分)を読むときに誰もが心に抱く疑問。「こんなに上手く機能しているシステムが何故滅亡してしまったのか?」この疑問に一つの回答を示した一冊。
本当に致命的な問題は、ある程度の潜伏期間を置く。顕在化する前に対処しなければ、そのシステムは動脈硬化を起こす。たとえそれまでに上手く機能していたシステムも、いつの間にか、陳腐化し、体質が変化し、機能しなくなっていく。その局面に対応しようと懸命の投薬を重ね、副作用に悩み、それでも努力を惜しまない姿がここに描かれている。政治、経済、文化はそれぞれ最盛期にタイムラグがある。文化が花咲き街人が謳歌している頃には、すでに政治は落ち目に入っている。

この作品のもう一つの見所は、ローマ帝国とキリスト教の関係。コンスタンティヌスが皇帝となって、それまで一つのローカルな宗教であったキリスト教が三大宗教の一つにまでなりあがる。現在の世界情勢を見比べるとなかなか面白い。


塩野七生:ローマ人の物語第13巻、新潮社、
ISBN:4103096225、2004.12.25、2600円

[PR]
# by tascabile | 2005-02-19 20:57 | 読んだ本一般
ミナミノミナミノ
b0028818_20242138.jpg
「イリヤの空、UFOの夏」が終わったと思ったら、またもや夏な一作。

今度の舞台は夏の離島。またもや主人公は微妙に行動的で斜に構えた感のある男子中学生。本土から隔離されたこの島の住民は皆ひとあたりよく、客人である主人公を迎えるが、何処か秘密を持っている。主人公が気にかける少女は顔に入れ墨模様のあるとてもかわいい子。

まず最初の読後感...「第二巻に続くんかい!」なかなか一冊でまとめてもらえないですな〜。
それに、もうこのジャンルは固まっちゃったのかね〜。細い感じがあるのに何故か行動力抜群の主人公。ヒロインはどこか秘密めいて寡黙。その出会いは、とんでもなく奇抜な舞台。陽炎で先が見えなくなるような炎天下。白衣を着た知的な女性。あとは黒服サングラスとアクの強いサブキャラがいれば完璧?
しかし、第二巻に行く前に「E.G.コンバット」を締めないのかな〜。


秋山瑞人:ミナミノミナミノ、メディアワークス、電撃文庫
ISBN:4840229147、2005.1.25、530円

[PR]
# by tascabile | 2005-02-13 20:24 | 読んだ本一般
マリア様がみてる イン ライブラリー
b0028818_910685.jpg
シリーズ19冊目は図書館をキィワードとした短編連作。短編の間には書き下ろしの「祥子さま失踪ミステリ」が「のり代」として加えられてる。
この作品には、図書館や本にまつわる話がまとめられているが、私自身は図書館にそれほどの思い入れは無い。小学生のころは、学校の図書館に通いつめて、偉人の伝記や二十面相シリーズ、クリスティなんかをよく読んでいた記憶がある。しかし中学生になると図書館にはさっぱり行かなくなった。まず図書館で勉強するという習慣が全くなかったし、漫画やライトノベルなんて図書館においていないから、自分で買って読むほかなかった。専門書を調べるために図書館に出向くことはあっても、文芸書を借りて読むという発想が生まれなかった。
図書館のすぐ傍に住んでいたら、「あれが自分の書斎のアネックスや」と思って上手く利用していただろうか?


今野緒雪:マリア様がみてる、集英社、コバルト文庫
ISBN:4086005271、2005.1.10、419円

[PR]
# by tascabile | 2005-01-15 09:09 | 読んだ本一般
完璧な病室
b0028818_16385690.jpg
弟は突然の病に冒され病床につく。弟と病室で過ごす午後のゆったりとした時間を描く表題作に加え、四短編を揃えた作品。小川さんらしく、はかなくて何処か壊れそうなタッチが印象深い。
とくに、孤児院を営む夫婦の間に生まれた高校生彩と同年代で飛び込み選手である純との静かで、それでいて壊れそうなひとときを描いた「ダイヴィング・プール」は、個人的に最も気に入った。物語最後での純の台詞にはしびれた。


小川洋子:完璧な病室、中央公論新社、中公文庫
ISBN:412204443X、2004.11.25、590円

[PR]
# by tascabile | 2004-12-31 16:39 | 読んだ本一般
ターミナル
ターミナル
久しぶりの更新。
トム・ハンクス主演のいかにも「クリスマス的な」ドラマ。「クーデターによって事実上祖国が消滅。パスポートが無効になってしまった東ヨーロッパのクラコウジア人、ビクター・ナボルスキーは、空港でアメリカへの門戸を閉ざされてしまう。やがて彼は、いつまで続くか分からない“滞在期間”中、どこの国にも属さない人間として、空港ターミナル内だけでの生活を始める。アメリカなのにアメリカではなく、しかし最もアメリカ的な場所で、食事をして、仕事をして、友人を作り、恋の花まで咲かせ、ビクターは“何か”を待ち続けているのだった…。」
確かに国際線の空港という場所は、誰にとっても、浮遊感といえば良いのか、居心地の悪さを与える場所ではないだろうか?出国手続きが終わった瞬間に、何か足下がおぼつかない感じを覚える。そんな場所を題材にした選択は非常に面白いと思う。
映画を観てを第一印象はトムの名演。ダメ男を演らせたら、彼はやはりトップレベルだと思う。ジョージ・クルーニーやブラッド・ピットでは、どんなに演技が上手くてもダメ。ブルース・ウィルスだったら、上手く演じられるかも。ダメ男を演じられるかどうかは判断が難しいが、個人的なポイントは肌着姿がセクシーかどうか。ランニングシャツをカッコ良く着こなせてしまったら、ダメ男は演じられない気がする(メッチャ偏見)。それを観るために映画館に行くなら、価値が大きいかも。
全体的にはいかにも「クリスマス」っぽい仕立てになっているので、そんなテイストが気になると言う人は面白く感じられないかも。純粋にヒューマンドラマとして観るなら一見の価値はあるかな。DVDを買うか判断に迷う作品でした。
[PR]
# by tascabile | 2004-12-25 22:42 | 映画
なんでも測定団が行く
b0028818_2055166.jpg
とにかくなんでも「はかろう」という趣旨のもと、大学の先生方が「何を」「どのようにして」色々なものをはかるかが分かりやすく解説されている。
とにかく、何でもはかる。本書では、頭の良さから、毒の致死量、光の速度や地球の重さなど、「どうやってはかるんだろう」という素朴な疑問に答えてくれる。また、物理量だけでなく、携帯電話のアンテナの数や石油の埋蔵量、平均寿命、選挙での当確速報など、身近なデータの出所を教えてくれる。
地球が一回転する時間が24時間?違います。地球の子午線の1/40000が1m?違います。物事の単位は日々と変わっているというのがなかなか興味深い。

しかし、ブルーバックスを読んでいていつも感じるのだが、もう少し数字の表記をなんとかしてはくれまいか。縦書きの宿命かもしれないが、数量や数式が読みづらい。いっそのこと、こういう文書は横書きにしてほしい。


武蔵工業大学:なんでも測定団が行く、講談社、講談社ブルーバックス
ISBN:4062574519、2004.8.20、940円

[PR]
# by tascabile | 2004-12-01 20:55 | 読んだ本一般
地名の魅力
b0028818_18584362.jpg
日本の様々な地名について、そのコンテキストを明らかにする一冊。新宿からはじまり、九十九里浜や野口五郎岳、大歩危小歩危、打出小槌町、羽合など、有名、珍名が盛りだくさん。
地名一つとっても、そこには深い歴史があり、それを知るのはとても楽しい。地名はいきものであって、そこに住む人々によって活かされている。浮気町などは端から見ると、ネタにしか聞こえないが、そこにも誇るべき深い歴史がある。
昨今の市町村大合併で、昔ながらの地名が次々と駆逐されている。活きた地名を廃止、無味乾燥な市名を着けることに、地域住民は何の躊躇いもないだろうか?それとも、住民の意見を押し切って駆け込みで成立させた行政の拙政が問題か。


谷川彰英:地名の魅力、白水社、白水Uブックス
ISBN:4560073783、2004.10.5、950円

[PR]
# by tascabile | 2004-11-30 18:58 | 読んだ本一般
間宮兄弟
b0028818_19555643.jpg
「彼らを見知っている女たちの意見を総合すれば、格好わるい、気持ちわるい、おたくっぽい、むさくるしい、だいたい兄弟二人で住んでるのが変、スーパーで夕方の五十円引きを待ち構えて買いそう、そもそも範疇外、ありえない、いい人かもしれないけれど、恋愛関係には絶対にならない、男たち」の物語。
友達としてなら、問題ないけれど、恋人にはなれない兄弟をめぐり、様々な人々との日々を綴った作品。兄弟の幸せで、だけど何かものたりない日々が淡々と綴られている。「もてない男たち」が主人公とあって、他の江國作品とは趣きが異なる。日常生活を描いたゆったりとした時間の流れは、相変わらずの筆力で書き上げられているが、「もてない男たち」の印象が少し希薄だった。「いい人なんだけど」というイメージは、あまり読み取れなかった気がする。
兄、明信の「お前のよさがわからない女ならいらない」という台詞が最も印象に残った。



江國香織:間宮兄弟、小学館、
ISBN:4093874999、2004.10.20、1300円

[PR]
# by tascabile | 2004-11-28 19:55 | 読んだ本一般


フォロー中のブログ
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
usinite aeci..
from go odek
acaquci asuj..
from eled eeqep
aimakt lzaolu
from lkua xeisubav
antibiotic z..
from antibiotic zit..
4cad2b9ce30c..
from 4cad2b9ce30c86..
gahdjly
from gahdjly
wxwwdlh
from wxwwdlh
fkjlnfe
from fkjlnfe
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧